しんえいビューティークリニック医師ブログ

墨田区錦糸町にある美容皮膚科クリニック医師の徒然話

炭酸ガスレーザー治療の際の感染対策について

 炭酸ガスレーザーは様々な治療に使える便利な機器です。コンパクトで価格も手ごろなため、多くの美容皮膚科で導入しています。当院も保有しています。この炭酸ガスレーザーが特によく使われるのは、ほくろやイボの治療です。蒸散、焼灼など様々な効果を持ちますが、分かりやすく言えば皮膚を「削る」タイプのレーザーです。

 炭酸ガスレーザーの治療の際は、多かれ少なかれ血液や体液が皮膚の外に出てきます。ここでは単純に、「血が出る治療」になるとお考えいただだければ結構です。専門的には観血的治療と言います。「血が出る治療」ということは、もし何らかの感染症をお持ちの患者様だった場合、血液を介して患者様から医療従事者へ、また医療従事者や器具を通じて患者様から患者様へ、感染症が伝播する可能性があります。

 これまで、様々な医療機関炭酸ガスレーザーの使用状況を見てきましたが、納得できる感染対策を行っているところは一軒もありませんでした。せいぜい、患者様が変わるごとに、ハンドピース(医師が手で持つ部位)の先端をアルコール綿でささっと拭く程度で、それすら行っていない医療機関が多かったです。

 当院では、ハンドピースには持つ部位全体にフィルムを巻き、操作パネル(治療中に操作パネルに触れて照射設定を変化させることがよくあります)にもフィルムを貼り、治療ごとに毎回このフィルムを交換しています。また、レーザーの照射口も毎回アルコール綿で丁寧に拭いています。また、処置に使う器具はすべて使い捨てか滅菌されたものを使用しています。

 ここまで感染対策を徹底しているのは、自分が歯科治療を受ける時にいつも院内感染に不安に感じているからです。一昔前に比べれば歯科での院内感染に対する意識が向上し、治療ごとに目の前で手袋を交換する、削る道具の先端(タービンというのでしょうか)も治療直前に滅菌パックから開けて出すなどの目に見える感染対策をしてくれる歯科が増えていると思います。しかし、そういう感染対策をしっかりしている歯科であっても、ライトの操作や様々な道具が入った引き出しを開ける動作、マイクロスコープを操作する、などの時に手袋をした手で触っている状況を目撃します。細部まで完璧に感染対策を行うとなれば、コストや手間が大変だと思いますが、結果的にそういう姿勢は患者様から評価され、経営にも良い影響を与えると思います。

新型コロナウイルスと高濃度ビタミンC点滴

興味深い記事が現代ビジネスに掲載されていましたので、少し触れてみたいと思います。

上海市新型コロナウイルス治療に実践する「ビタミンC」点滴の実力

全文はhttps://gendai.ismedia.jp/articles/-/71103

記事では中国武漢の症例や上海市当局の見解を紹介し、大量のビタミンCの摂取が、新型コロナウイルスの予防や治療に役立つ可能性を指摘しています。ただし、筆者は従来からビタミンCの大量摂取を勧める活動をされている方のようですので、その点をふまえて読む必要はあると思います。

上海市は、COVID-19患者の治療にビタミンCの点滴(IVC療法)を認めた。ビタミンCの量は症状の重さによって変わるが、目安は、体重1kg1日あたり50~200mgである。成人体重を70kgとすれば、この容量は1日約3,500~14,000mgになる。点滴は非常に有効である。なぜなら、ビタミンCの効果は点滴するほうが経口摂取するよりも少なくとも10倍は高いからである。 

記事中では、ほかに経口でのビタミンC大量摂取でもコロナに対する予防効果があったと推測される症例も紹介されていますが、上海市は点滴によるビタミンC摂取を推奨しているようですね。どのような薬でも経口投与と点滴(注射)投与では、一般的に同じ量でも効果に大きな差があります。経口の場合、消化吸収の過程である程度ロスがあるため、摂取した量すべてが体内に吸収されるわけではないですし、血中濃度の上昇度合も緩やかになるからです。また、同じ薬を同じ方法で摂取する場合でも、摂取量によって効果の出かたに差が出ます。経口であれ点滴であれ、「大量に」摂取することに何らかの意義がある可能性があります。

ビタミンCは普段から健康維持のために毎日服用している方も多いでしょうが、この記事を読むと、コロナが落ち着くまでしばらく服用量を普段より増やすという選択肢も考えられますね。ビタミンCは水溶性ビタミンなので過剰摂取はまず問題になりませんし、様々なクリニックで行われている高濃度ビタミンC点滴は15000mgから100000mgという莫大な量のビタミンCを1時間から2時間程度で投与しますが、副作用はまずありません。経口摂取によるビタミンCを多少増やしたところで副作用についてはまず心配しなくてよいでしょう。気軽に試せるコロナ予防方法として試してみてもよさそうです。

なお、記事中では、

ウイルス感染症に立ち向かう際の基本は、人体の抗酸化力を最大にすること、感染したら症状を最小にするために免疫力を高めることである。感染を予防するには1日3,000~9,000mgのビタミンCを数回にわけて経口摂取するとよい。これが「経口メガドース療法」である。

と記載されています。

クリニックでよく処方されるシナールという錠剤であれば1錠あたり200mgのビタミンCが含まれていますから、この「経口メガドース療法」に従えば、1日15錠から45錠を飲むことになります。1回1錠、1日3回で1日3錠飲むのが通常量ですから、その5倍から15倍の量を飲むことになります。シナールにはパントテン酸カルシウムというビタミンも含まれていますが、ごく少量ですので、1日15錠から45錠程度飲むぐらいでは特別な副作用は心配しなくても良いでしょう。

ところで、当院でも高濃度ビタミンC点滴を行っていますが、投与量は25000mgと50000mg(25gと50g)の2種類です。容量的には業界標準だと思いますが、これでも記事中の上海市の推奨する容量を大幅に超えています。高濃度ビタミンC点滴は美白などの美容目的だけでなく、抗炎症作用や免疫力強化作用、がんの代替治療などの効果を求めて平時から広く行われている治療です。なお、基本的に安全な治療ですが、G6PD欠損症という遺伝的素因がある方と腎機能が悪い方、妊娠中の方は受けられません。G6PD欠損症については、日本人ではかなりまれ(人口の0.1%以下)ですが、ごく稀にいらっしゃいますし、この疾患があると高濃度ビタミンCにより血球が破壊されるおそれがあるので、ビタミンC点滴を受ける前に必ずG6PD活性の有無を検査しておく必要があります。当院では、他の医療機関で25g以上の高濃度ビタミンC点滴を受けていた方を除き、点滴前に必ずこの検査を受けていただいています。検査はごく少量の血液を採取するもので、数日で結果が出ます。当院の高濃度ビタミンCについては改めてまたご紹介したいと思います。

 

クリニック紹介②(診療内容概略)

クリニック紹介の2回目です。本日はクリニック紹介②として、しんえいビューティークリニックの診療内容の概略をご紹介します。

 

当院は美容専門クリニックで、標榜科目は美容皮膚科と美容内科になります。公的健康保険の取扱いはしておらず、自費(自由)診療のみとさせていただいております。

診療内容は、美容皮膚科・美容内科全般です。切る手術や糸を入れる治療などは行っておりません。しみ、しわ、たるみ、にきび、にきび跡、ほくろ、あざなどの治療を、様々な治療器や薬等によって改善させるのが美容皮膚科・美容内科です。美容外科と違い、美容皮膚科・美容内科の治療はほとんどがリバーシブル(可逆的)なものです。逆に言うと、一旦良くなっても、その状態を維持するには時々メンテナンスが必要なものが多いということになります。そういう意味では、時々お手入れに行く必要がある、美容室に似ているかもしれません。個々の診療項目の具体的なご紹介は後日させていただきます。

当院では、初診・再診、治療内容にかかわらず、当然のことですが、施術前に必ず医師による診察をさせていただいております(※)。たとえ定型の繰り返し治療であっても、肌や全身の状態は日々変動するため、施術前に当該施術がその時に適しているか否かは毎回確認しないと、思わぬトラブルが起きる可能性があるからです。

なお、初診の方については、ご相談内容にもよりますが、原則として医師によるカウンセリングだけで30分以上のお時間を確保しており、医師から詳細な診察や説明をさせていただくのはもちろん、患者様からも疑問点や不安点は納得いくまで確認していただけるような体制を整えています。患者様が十分納得して、自ら施術をご希望されない限り、無理に何かの施術を勧めて受けていただくというようなことは全くありません。むしろ、診察時に少しでも迷いがある場合は、一旦持ち帰ってゆっくりご検討いただくようお勧めしています。

(※)ヒーライトのみ、エレクトロポレーションのみ、イオン導入のみの場合は診察なしでお受けいただけます。

 

 

 

クリニック紹介①(ロケーションについて)

今回から、何回かに分けて当院の基本的な情報をご紹介していきたいと思います。

1回目は、差し障りのないところから、当院のロケーション(場所)についてご紹介します。

 

・住所は東京都墨田区江東橋1-16-2。やや小ぶりなオフィスビルの「チョーギンビル」という建物の1階に入っています。建物は中之橋通りという片側1車線の結構交通量の多い道路に面しています。建物のすぐ北側にはJRの線路が通っています。

 

・最寄り駅はJR錦糸町駅か、東京メトロ半蔵門線錦糸町駅かのどちらかです。JR錦糸町駅の方が若干近いかな、というところです。JR錦糸町駅南口からおおむね徒歩5,6分で着きますが、初めて来られる際は10分程度は見ておいた方が良いでしょう。あとは、都営大江戸線両国駅やJR両国駅、都営新宿線住吉駅菊川駅からでも歩こうと思えば歩ける距離です。だいたい15分から20分程度です。運動を兼ねて美容皮膚科に行こうという方はこれらの駅からお越しになるのも良いかもしれません。紫外線に気を付けつつ適度な運動をすることは、美容皮膚科的にも価値のあることですしね。

 

・周辺のお店やスポットなどもおいおいご紹介していきたいと思います。

ご挨拶

 こんにちは。しんえいビューティークリニックで副院長を務めております、笹山と申します。
 
 しんえいビューティークリニックは、2019年10月1日に錦糸町駅南口近くにオープンしました。現在で開業して約5ヶ月経過したことになります。おかげ様で新規の患者様に続々とお越しいただいているだけでなく、再診の患者様で何度も足を運んで下さる方も増えてきました。美容皮膚科が星の数ほどある時代に大変ありがたいことだと深く感謝しています。

 ところで、当院はすでにクリニックとしてのブログを運営しています(https://shinei-beautyclinic.hatenablog.com/)。こちらは主に看護師さんや受付事務さんが更新してくれています。写真や絵文字などをふんだんに使って、明るく柔らかい雰囲気のブログに仕上げてくれています。

 今回、クリニックのブログとは別に、ドクターのブログを始めることにしました。こちらは、主に文字主体のブログになっていくと思います。写真や絵文字が乏しくて殺風景かもしれないですが、その分少しでもご興味を持っていただけるような文章を書いていきたいと思います。
 よろしくお願い致します。